なっちの備忘録

ピカチュウ美味しい

【VALORANT】アイアンからイモータルになりました

こんにちは、なっちです。

 

タイトルの通りですが、最低ランクがアイアン2だった僕がイモータルランクに到達しました。

 

 

 

f:id:nachizail:20210420211408p:plain
image via Riot Games

「俺凄い!みんな褒めて!」っていう記事なんですけど

ここに来るまで約半年、何を思ったか、どんなことを頑張ってきたかをまとめようと思います。

 

自己紹介

FPS経験はちょっとあり。AVAの脱出モードで敵と戦わずに勝つことだけを生きがいにしていた。ちゃんとした爆破ルールの経験はなし。

APEXの最高ランクはプラチナ4。

VALORANTにハマるまではフォートナイトをずっと遊んでいました。

 

マウス感度

800DPI

感度 0.706

スコープ時感度 0.75 (ダイヤ1ぐらいまではこれが1でした)

 

VALORANTプレイヤーの中ではかなりハイセンシですが、問題なくプレイできているので現状このままでいく予定です。

 

 

使用しているデバイス

ここにまとめてあります

www.geartics.com

 

VALORANTというゲームは難しい

最近ではStylishNoobこと関さんや、APEXプロや人気ストリーマーたちがよく配信でプレイしているので知っている人も多いかもしれませんが

このゲーム、かなり難しい。

 

APEXのプロゲーマーがシルバーランクで停滞しているのを見て、ビックリしたことが記憶に新しいです。

 

①ヘッドショットでワンパンされる

②ストッピングが必要

③スキルの勉強が必要

 

などなど、未経験者には結構難しい部分があります。

 

銃で撃ち合うという点は共通していますが、そもそものルールが違うので

「APEXが上手い」と「VALORANTが上手い」は同値ではありません。

 

 僕はよく「VALORANTは野球 APEXは殴り合い」と例えて言っています。どこかの方面から怒られそう。

 

僕が意識してきたこと

【全ランク通して】

解説動画等で勉強する

1日1本ぐらいのペースで寝る前とかに見てました。

僕が過去参考にしたチャンネルを載せます。

 

①FPS解説するッツォォァァのgosioです。どうも - YouTube

②JUP JUNiOR - YouTube

③Lazvell - YouTube

④crowfps - YouTube

 

最近開設されたSmashlogTVも初心者におすすめです。 

 

これらのチャンネルで勉強するとき、僕が気を付けていたのは「全てをまっすぐに受け止めない」ということ。

本当にその情報、プレイが正しいかどうかを実際に自分でゲームを動かしながら確認するようにしていました。そのほうが頭にも残るし、それが上手くいかないケースなどを発見できたりと、気づきを得られます。

あくまで大勢のプレイヤーに向けた解説動画であって、自分専用の解説動画ではないということです。自分の中にそれらを上手く落とし込むことが大切。

(勉強もそうで、あんまり先生の言うことを何でも信用すると痛い目にあうことがあります)

 

基本ソロかデュオでやる

自分から誰かを誘うことはあまりせず、基本ソロかデュオでやるようにしてました。

パーティーでやるデメリットだけ書いてここは終わりにします。

・パーティー人数が増えるほど使うキャラ、パーティー構成が固定化される。

・パーティーメンバー同士の熱量が合わないため、上達の速さが落ちる。

・野良に合わせる能力が上がらない。

・マッチが遅い。

 

エージェントを即ロックイン(確定)しない

誰かがすぐにエージェントをロックインしてしまうと、そのパーティーの構成の自由度が下がってしまいます。

パーティーの強さが最大値を取れるように意識する。

やりたいエージェントがいたとしても、見せるだけにしていました。

(勝ちたいのであれば)確定していいことは何一つありません。確定したいのであれば、自分がそのエージェントを使うとどんないいことがあるのかをピック画面でプレゼンしましょう。それぐらいの気概が必要です。

レイナを即ロックしてフラグがトップじゃないのは重罪なので、逮捕されます。

 

Q.プロでも即ロックしてる人いませんか?

A.あなたはプロではありません。

 

Q.野良の人が即ロックするんですけどそれでもダメ?

A.あきらめましょう。「割り込み乗車されるから割り込み乗車をする」理論ですそれ。

 

ボイスチャットを使う

情報が命のゲームなので、VC(ボイスチャット)はあったほうが絶対にいいです。

VCなしのプラチナランクより、VCありのゴールドランクのほうが強いです。

VCで報告するときも「Aメイン 2  レイズ サイファー」のように必要な情報に絞って報告するようにしていました。

「どこに何人いるか」という優先度の高い情報は先に伝え、後から補足でそいつらが何のキャラだったかを付け加えます。

 

「敵がサイトに入ってきた」というVCがあるだけで、味方がサイトに寄るのが2,3秒早くなり、リテイクの成功率が上がります。ね、重要でしょ?

都合上VCができないひとは、危険ピンを連続で立てて味方にアピールしましょう。

 

「はぁ!?強すぎだろ!!」みたいなVCは味方にとっては何も利益がありませんから、自室で一人で叫んでください。

 

もし圧勝しているような状況であれば、チームの雰囲気を盛り上げて流れを作るために試合に直接関係ないVCをすることもありますが…

ここらへんは心理学の先生にご意見をいただきたいですね。

 

味方に暴言を吐くこともご法度です。味方のミスを非難したり、暴言を吐いても自分のストレスが発散されるだけであって、チーム全体のパフォーマンスは下がり、むしろ勝ちから遠ざかります。

その人は自分と同じランク帯である(自分とほぼ同等の実力)ということを理解していれば、イライラすることも少ないでしょう。

 

設置後はひたすら時間を稼ぐ

アタッカーはスパイクを爆破させればラウンド勝利できます。

設置後は、スキルを使って解除を妨害したり

1on1ならジャンプピークで解除してるかどうかを確認したり

時間を稼ぐ方法はいろいろとあります。

 

試合後にプチ反省をする

勝っても負けても

「あそこはああしてれば勝てたかもしれない」

「なんでしなかったんだろう?」

という思考を少し巡らせます。

考えすぎても時間の無駄なので、少し反省したら次の試合に行きます。

知識的な問題による失敗だった場合は、カスタムに潜って確認をします。

 

自分(相手)のHP&相手(自分)の出せるダメージを把握する

大抵、味方から「●●何カット」という報告があるはずです。それを頭に入れて戦うことは大事です。

 

例1)ヴァンダルは頭160胴体40ダメージ → 相手のHPを110以上削っているなら胴体を狙う

例2)ソーヴァのアルティメットは1発80ダメージ → 1回は食らっても死なない

 

【アイアン→シルバー】

ストッピング(重要度:★★★★★)

 このゲーム、止まって撃たないと弾が全然まっすぐ飛びません。

初心者にとってはここが一番の難所です。

僕も稀に初弾にストッピングが効かないまま撃つことがあります。

射撃場でヴァンダルを持って、横移動からのストッピングで初弾をクロスヘアの真ん中に飛ばす練習をしました。この際、それがボットに当たったかどうかはあまり気にしていません。

 

細かい仕様を覚える(重要度:★★★★☆)

自分のランクに応じて、覚えられるものから覚えましょう。

初心者の場合一気に全てを覚える必要はなく、一度目を通して頭の隅っこに置いて、そしてプレイしましょう。忘れたら試合後に再確認。これの繰り返し。

 

・スパイクの設置にかかる時間:4秒 

・スパイクの解除にかかる時間:3.5秒×2(3.5秒解除すると、いったん解除を中断しても残り3.5秒の状態からスタートできます)

・スパイクを設置/解除するとアルティメットポイントを1獲得

 

・ラウンドに勝つと3000クレジット取得、負けると連敗数に応じて1900→2400→2900クレジット取得

・敗北ラウンドで生き残っていると、次のラウンドでは1000クレジット取得

→自分の状態と次のラウンドのマネー状況を照らし合わせて、キープをすると得なのか、死んだほうが得なのか考えましょう。

敵に倒されると、倒した相手&自分がアルティメットポイントを1獲得するという点も考慮できるとかなり良いです。(アルティメットポイントマックスの相手に倒されに行く / スパイクの爆破にこっそり巻き込まれに行く など…)

 

・味方のアビリティによる自分へのダメージは倍率が下がる(ので、あまり怖がらない!)

 

・スパイクを解除中は、スパイクの光が赤色になる(通常は青)

・設置/解除ボタンを一瞬押すだけでも、敵には設置/解除しているように聞こえる(設置/解除フェイク)

例) 味方の耳「ピ(設置中断)」  敵の耳「ピピーッ(設置中)」

 

・武器には壁貫通力というステータス(低・中・高)があり、それに応じて抜ける壁の厚さが決まっています。(斜めに撃ち込んだ場合、その方向の距離で計算)

 

などなど…

 

【シルバー→ゴールド】

使えるキャラを増やす(重要度:★★★★★)

アセントではこのキャラ、バインドではこのキャラ…というような決め方でもいいので

3キャラほど使えるようになりましょう。僕は最終的にアストラ以外全キャラ使えるようにしました。

新たなキャラを使うことで得られる経験値は莫大です。

個人的なオススメは

・デュエリスト(レイナ・ヨル以外)

・イニシエーター(ソーヴァ、ブリーチ、スカイ)

・オーメン

次点でサイファー、キルジョイ

です。理由は割愛。

 

キャラ固有の知識・技術を身に着ける(重要度:★★★★☆)

スキルの仕様や強い使い方を勉強し、カスタムマッチ(チートON設定)で練習しましょう。

いい時代なもので、Youtubeで調べるとすぐに出てきます。

日本の情報も最近は充実してきましたが、キャラ固有のものだと海外産をいくつかあさるのがおすすめです。

検索例 「Cypher Ascent」

 

このあたりから知識でキルorラウンドを取ることができるようになります。

僕はシルバーランクだった当時、エイム練習をないがしろにしてこれを一番やっていました。

 

具体的に僕が動画を参考に練習したのは

・レイズのブラストパック(今考えると恐ろしいんですけど、徹夜で6時間ぐらいぶっ続けでやってました)

・ブリムストーンのインセンディアリー空爆

・ヴァイパーのスモーク

 

他人の知識を信用していないというか、俺のほうがもっといいの見つけられるわというスタンスでソーヴァやヴァイパーなどは独自で色々研究してました。

 

また、僕の場合いちいち動画を見て確認するのは面倒なので

①自分専用のDiscordサーバーを作成

②テキストチャンネルをこんなかんじで作る

f:id:nachizail:20210419201754p:plain

③スクショでまとめる

 

これをマッチ待機中に見るようにしてました。

 

 グラフィック設定を見直す(重要度:★★☆☆☆)

これ、かなりの盲点でした。

僕は最初4Kのディスプレイでプレイしていて、ゲームのグラフィック設定も4Kで行っていました。その結果、フレームレートが安定せずカクつくことも多かった。

それに気づき、解像度をフルHDに落としました。

また、グラフィック設定はすべて「低設定」にしています。

低いほうが無駄が排除されて、情報が視覚的にすぐに入ってくるような気がしたからです。これは好みの問題かも。

 

アングルアドバンテージを理解する(重要度:★★★★★)

これ(わからない人は上で書いたチャンネルの解説動画の視聴を推奨)
画像

【ゴールド→ダイヤ】

デバイスをアップグレードする(重要度:★★★★☆)

モニターを240Hzのものにし、マウスパッドを買いました。

マウスパッドを使わずにプレイしていると言ったら、イモータルの友人に怒られました。

その後、ゴールドからダイヤに一瞬で上がりました。

必須ではないですが、影響は大きいです。

※60Hzモニターでイモータルの友人もいます

 

ファーストデッドを取られないようにする(重要度:★★★★★)

ファーストデッドを取られちゃったら4vs5になっちゃうよ~~~ん??

 

【ダイヤ→イモータル】

クリアリングの順番を意識する(重要度:★★★★★)

クリアリング箇所が多い場所を正しい順番でクリアリングをする練習をします。

カスタムでやるとよい。

スキルでクリアリングをサボる人はこの練習大事。

僕はダイヤに上がってから意識的にするようにしていましたが、ゴールド・プラチナでも必須級です。

 

エリアを確保する(重要度:★★★★★)

gosioさんのこちらの動画で上手く説明されているので、省略させてください。

ダイヤ帯でもここら辺の意識がない人はかなり多いです。

www.youtube.com

 

相手に意識付けをさせる(重要度:★★★★★)

これは具体的に説明するのが難しいのですが、単純な話

ラッシュばかり続けていると敵がサイトに集まるのが早くなります。

ここで誰か1人がスニークして逆サイトに入ったりするとぶっ刺さったりします。

 

個人単位でも同じことが言えて、

オーメン、レイズ、ジェットならスキルを使わないと乗れないような高いポジションを使うことで「そこにいるかもしれない」という意識付けを試合中ずっとできます。

 

防衛サイドで裏を詰める、もしくは毎回サイファーの裏取りワイヤーを壊すなどをして裏を意識させることも可能。

 

また、「キモい行動」を取り続ければ相手に「こいつはキモい」と意識され、逆に「普通の行動」がぶっ刺さりやすくなります。

ここらへんを意識してから簡単なキルが多く取れるようになりました。

 

相手に合わせるのではなく、相手が合わせてくるような立ち回り

 

スパイクを設置する"向き"を気にかける(重要度:★★★★☆)

このゲーム、設置しているキャラを中心 として そのキャラが向いている方向へズレて設置されます。下ツイート参照。容量の問題でここに直接貼れませんでした。

 


これらのことから、壁などのオブジェクトの方向を向いて設置すれば、以下の画像から分かるようにスモーク抜きなどがしやすくなります。

f:id:nachizail:20210420201033p:plain

 

スキルをわざと弱く使ってキルを取る(重要度:★☆☆☆☆)

これを意識的に使ってる人は僕含めて2人しか知らないので5万円ぐらい積まれたら書きます。

ズル賢い立ち回りを1試合に1回はするようにしています。

 

おわり

ここまで読んでくださってありがとうございます。

大事なのは「惰性でランクマッチをやらないこと」だと思います。

スポーツでも、練習試合をしているだけでは上達が見込めません。

座学、練習をどこかに組み込む必要があります。

 

また、上のランクに行くにつれて対戦相手に見知った名前が増えてきて、「前の試合のあいつか!」となってメタ的な行動を取られることがあります。

匿名表示にするとそういったことが防げますし、匿名にせずにそれを逆手に取った行動で返すことも可能です。

 

そういえば、僕はデスマッチで1位を取ったことが1回もありません。

僕より撃ち合い強いゴールド・プラチナランクの人は腐るほどいます。停滞している理由は上で書いた通りだと思います

 

拙い内容でしたが、そんな人たちの

 


参考になればいいな。

おわり。

 

 

 

オマケ

↓はブロンズランクのときのクリップで、初ACEを取った記念のものです。「ウルト味方くらうんだっけ」とか、どこエイムしとんねんみたいなツッコミどころが多い。