なっちの備忘録

ピカチュウ美味しい

【体験日記】童貞だけど、他人からお金を貰ってデリヘルを呼んでみました

第2弾を投稿しました↓(有料です) 

https://note.com/nachizail/n/n8e7b54620cd0

 

pixivFANBOXへの登録でも読むことができます。

nachizail.fanbox.cc

 

 

はじめに

こんにちは、なっちといいます。

 

今年で21歳になります。誕生日プレゼント待ってます。

普段はゲームをやっていたり、インターネットでうんこを投げつけたりしています。

我が人生におけるエッチなチャンスを全てドブに捨ててしまい、未だに童貞です。

 

こんな僕ですが、色々な方々と仲良くさせていただいている恩恵でとある方から

「デリヘル呼んでレポート書いてよ。金は出すから。」

と言われました。

 

「えろえろえっちっちなことがしたい!」

常日頃からそう思っていた僕(童貞)は、もちろん快諾。夏休みなので時間もあります。

 

当記事では、その日1日の様子を細やかに書いていきます。

デリヘルを体験したことない人や、世の僕みたいな童貞に届け。

 

少々性的な表現があるため、お子様の君はブラウザバックだ!また数年後会おう。

 

えっちっちな部分だけ読みたい人は、目次から飛んでください。

 

予約~家を出るまで

予約

デリヘルの知識がほぼない私はまず、どのサイト(会社)を使って予約をしたらいいかもわかりませんでした。

「どうせなら、クッソエッッッロいお姉さんがいい」

 

しかし、来る女の子がクッソエッッッロいかどうかは来てみないとわからない。

つまり、運ゲーなのでは…となったわけです。

 

「あ、そうだ A〇女優を呼べばいいのでは」

 

[デリヘル A〇女優] で検索…っと

おやおや、たくさん出てきました。

超有名どころになると20万円とかするらしいです。学生の私にはお高い数字。

 

そこで色々なサイトを見ていくうちに見つけたのが

「ギンギラ東京」様

 

なんとこのお店、僕がよくお世話になっていたA〇女優が在籍しているじゃないですか。

僕はウキウキでその女優を指名しようとしたのですが…

「直近1か月で出勤日がない!!」

 

これは困りました。僕はそのA〇女優にえろえろえっちっちなことをされたかったのです。

半泣きしながらサイトを下へスクロールしていくと

「No.2」と書かれた、なんとも僕の好みな容姿をした黒髪ロング色白のお姉さんが。

 

しかも、プレイの体験動画つきです。

「なんだこれは…もしかして詐欺系の危険なやつか!?」と僕は疑いながらも0.3秒で再生ボタンをタップ。

 

 

動画を見終え、0.1秒で予約ボタンをタップ。

 

 

幸運なことに今日が出勤日らしいので、すぐに今日で予約。

初心者で色々不安だったため、何が(例えば 嬢が発狂して暴れて警察を呼ぶとか)あってもいいように、早めの20時から90分で予約。

手枷とかボディコンとかローション風呂とかのオプションつきで。

即尺もつけてみました。

 

手、縛られてみたいですよね?

 

場所は自宅の近くのホテルを指定しました。ホテル名は伏せますが、いわゆる「リゾート系」です。

友達と一緒に行って(単純に娯楽として)こういったホテルで遊んだことはあるのですが、エッチな目的で利用するのは初めてです。

f:id:nachizail:20190829013725j:plain



事前準備

事前準備といっても、ヒゲを剃ったりするぐらいしか思いつかなかったので

インターネットで[デリヘル 事前]で検索。

色々と出てきました。

「歯を磨け」「モンダミンで口をゆすげ」「シャワーを浴びて清潔に」

ここらへんは予想通りだったので、歯を磨いてモンダミンでお口をゆすぎました。

シャワーはホテルで浴びればいいと思ったので自宅では何もせず。

 

予約をしたのは20時。現在時刻は14時。時間がまだあります。

ゲームをして時間を潰そうと思ったのですが、私は前日あまり眠れておらず強い眠気に襲われました。

 

そこで、追い打ちをかけるようにお店から「早くても21時からとなるが大丈夫か」という旨連絡が。

というわけで予約を22時に変更してもらいました。

22時からにしたはいいものの、自分の眠気に絶望してしまいました。

 

「ここで寝て、寝過ごしたらサービスが受けられないで!寝たらあかん!人生は冒険や!」

僕の中の天才Youtuberゆた〇んがそう語りかけてくるわけです。

 

でも、強烈な眠気を22時まで耐えてホテルにいっても息子が元気になるとは思えませんでした。

そこで僕は近所のスーパーに行って、いわゆる「精力剤」のドリンクを1本購入。

こんなのたいして効果はないだろうなと思っているのですが、暗示的な何かでビンビンになるのではないかと思いました。

 

デリヘルを利用するのは初めてなので(童貞だからそれはそう)

ホテルには1時間前に入っておこうと思いました。

 

なので3時間前に精力剤(クソ不味い)を飲み干し、1時間半前まで家で時間を潰すことに。

さて、3時間前に精力剤を飲み干したのはいいものの飲み干した直後に

普段仲良くさせていただいている女性からゲーム(ドラクエ10)をしようとDiscordで連絡が。

まだ1時間以上余裕があったため、「1時間しかできないけど、やろう」と返信。

 

「どうして1時間なの?」と質問をされましたが

こういった会話で デリヘルに行く だなんて言えるほど経験値を積んでいない僕は

「出かける用事がある」とだけ答えました。なぜだか罪悪感が凄い。

「夜に出かけるなんて不良少年だ」と返されましたが、不良少年は精力剤を飲み干した直後に女性と通話しながらオンラインゲームはしないし、その直後にホテルに行ってデリヘルなんか呼ばないよ!!

 

ほぼ1時間雑談でゲームを終えて、通話を終了し家をで出ました。

(あれ、デリヘル呼んでも1時間雑談して終わっちゃいそうだな僕…)

 

ホテル到着~嬢到着

さて、ホテルに到着しました。

フロントへ向かいましたが、受付のおばさんは一言も言葉を発しません。

(なんだこのババア!!!)と思いながらも

 

「あの、今空いてますか?」と質問。

 

ク〇ババア「…?空いてますけど^^;」(左をちらっと見る)

 

なるほど、どうやらフロント左手にある巨大パネルで部屋を押さえてからフロントへ行く制度のようだ。それにしても不親切なババアである。

 

普通に部屋は空いていたので、全体的に暗めの色の部屋をチョイス。

休憩で8000円程。そこそこのホテルなのではないでしょうか。

学生の私の財布が悲鳴をあげています。

 

とりあえず部屋に入室し、お店に部屋番号とホテル名を連絡。

しかし、嬢の到着が20分~30分遅れると伝えられました。

そこは了承し、ホテルで約1時間20分を一人で費やすことに。

 

 

幸い、部屋にはカラオケがついていたので

DECO*27さんの「ヒバナ」

SiMの「KiLLiNG ME」

水瀬いのりさん(レム)の「Wishing」(2回)

を歌唱。

 

f:id:nachizail:20190828195556j:plain

僕はいったい何をしてるんだろう

 

20分ほど時間をつぶしましたが、まだ時間はあります。

即尺オプションを付けているので、息子を清潔にするためにお風呂へ行き、体をきれいに。

何かが起こって挿入することがある可能性が0ではないと思い、部屋内のどこにコンドームが置いてあるかを探すことに。

しかし、コンドームが見つかりません。フロントの近くに置いてあるのかな、と思いフロントへ行ってみるも無し。

部屋の開く扉をすべて開いても何も出てきません。

 

探すことかれこれ30分。なんとティッシュボックスの近くに置いてありました。

かっこいいコンドームケースのようなものの中に入っていました。

なんてこった…。

 

 

無事、コンドームも見つけられたので残りの時間はTwitterを見たり、エッチな動画を見て時間をつぶしました。

 

結局嬢は40分遅れで到着。

ドアを開くと、驚くことに写真と動画通りのルックスの子が。

 

風俗等の宣材写真はかなり盛っていると友人から聞いていたので、ほっとしました。

可愛いです…。

ここで料金の¥35000を支払います。

 

プレイ開始~終了まで

雑談

即尺のオプションをつけていたので、少しドキドキしていたのですが嬢はそんな素振りも見せずに僕と雑談しながらローション風呂を作ったり、手枷や電マを取り出していきます。

嬢「普段からギンギラを使ってるんですか?」

僕「いや~初めてです」

「ほかのデリヘルとか風俗に行ったり?」

「デリヘル自体が初めてですね~風俗とかもないです。」

「え~!若そうだけど何歳なんですか?」

「今年で21歳です!」

「じゃあこれからだね~。エッチの経験とかはどんなかんじなの?」

「」

「あ、聞いてもよかった?」

「大丈夫です~^^ 1回だけですねw でもその1回は僕が完全にマグロみたいなかんじだったからほぼノーカウントですw」(全部嘘)

「なんでノーカウントなの~ 可愛い♡ 私責めるの好きだから今日は任せてください」

「へへっw お願いします」

 

 

 

この子は即尺オプションがついていることを知らないor忘れた

もしくは

「てめえのチ〇コなんか誰が咥えてやるか!」と思っているに違いありません。

前者であることを願いながら、嬢とお風呂へ。

 

風呂(1回目)

女性の裸が僕の目の前にあります。現実です。

僕の記憶が正しければ、母親以外の裸体を直に見たのは初めてです。

しかし私の息子はピクリとも反応しません。困った。A〇を見すぎて耐性ができてしまっているようだ。

 

 

嬢が泡立てたボディーソープを嬢自身の身体に塗りたくり、僕に密着。

おっぱいの柔らかさが自分の胸元に伝わってきます。

あぁ…と感慨にふけっていたところ、乳首をいじられはじめます。

僕は乳首がめちゃくちゃ弱いのでビクンビクン反応してしまいます。

ここらへんで僕の息子も元気になってきます。

 

「可愛い…♡」

「あっ」(緊張と気持ちよさと「可愛い」と言われたことに対する嬉しさで語彙力を喪失)

 

嬢は乳首を少しいじり終えたあと、手コキを始めました。

 

(気持ち良すぎる…。)

 

自慰とは違う気持ちよさが息子に。僕は昔からズルムケ、いわゆる非包茎であったのですが、どうやら亀頭の先端部が若干弱いらしく亀頭を執拗に攻められて感じてしまいます。

新感覚の気持ちよさに頭が少しおかしくなりそうでした。

そして手コキをしながら嬢がもう片方の手を僕のお尻の穴のほうへ。

 

気持ち良すぎる!!!

 

穴に入れてはいないのですが、穴の周辺を触られるだけで気持ちよくてビクンビクンしてしまいました。お尻にハマる人間がいるのも納得です。

 

さて、なんやかんやで全身を綺麗にしてもらったのでローション風呂へ。

滑って転ばないように心配してくれる嬢の優しさにちょっと嬉しくなります。

 

座っている僕の股の間に嬢が入り、対面するかたちに。

弱点の乳首をいじりながら

「キスしよ♡」

と言ってきます。

 

何だこのエロ女は!?!?と思いながらも頷き、キスをします。

 

とはいっても童貞の僕がまともにキスをできるわけもなく、ほとんど嬢任せです。

「舌出して」

と言われたので、言われるがままに舌を出します。あとは嬢が舐めまわしたり、吸ってくれました。

自分の舌に嬢の舌が当たるだけで気持ちいい。キスってすげえや…。

 

その後、キスをしながら片手で乳首をいじられ、片手で亀頭を重点的に手コキをされます。

えろえろえっちっちすぎる!左足でハイハットペダルを4分で刻み、右足はバスドラムを4分→4分休符→8分8分→4分休符、右手でライドシンバルを8分、左手でスネアドラムを4分休符→4分 のようなエッチ。

これが俺の求めていたエッチだ!!

 

亀頭を攻められすぎて息子の感覚がなくなっていきます。新感覚。

息子が自分のものではなくなっていくような…。

 

そして、僕も嬢の乳首を舐めます。

乳首がコリコリしていて、乳首が舌の表面にあたると気持ちよかったです。 

 

しかし、本来の目的は「お風呂」であるため、体感5分ほどでお風呂を上がります。

このとき、嬢がおっぱいとシャワーで身体のローションを流しとってくれました。

 

ベッドの上で

「ベッドの真ん中で寝てくださーい!」

と言われ、ベッドの真ん中で仰向けに。

 

「両手出して♡」

 

言われるがままに両手を出したところ、手枷をつけられます。

あぁ、手枷つけて可愛い女の子に攻められてみたかったんだよ俺。

 

手枷をつけて、スタートです。

まずは太もも→股間→乳首と、まるで横浜駅から高崎駅へ鈍行列車でいくかのごとく舐めてくれました。

お腹辺りを舐められたときに変な気持ちよさで僕の身体がのけ反り、なんと腹筋の右側あたりの筋肉が攣りました。

これには嬢も思わず笑ってしまいます。

 

気を取り直して、再開。

乳首や耳元、首などをとにかく舐められました。なぜか気持ちいい。どこを舐められても気持ちいい。

自己暗示みたいなもので僕の身体全身が性感帯になったのかもしれません。

 

一通り舐め終わった後、舌がいよいよ我が息子のもとへ。

ドキドキが止まりません。

 

玉舐めから始まり、その後はパクっと咥えて動かれる程度でそんなに気持ちよくはなかったのですが、次第にしめつけがキツくなってきます。

そう、バキュームフ〇ラです。

A〇で見たあのグッポグポするやつが目の前で行われ始めました。

「ああ、口の中の空気を少なくすることで圧力が息子に強くかかるのかぁ」などと考えながらグッポグポされていました。

 

お風呂場で亀頭をめちゃくちゃ攻められ、ほぼ息子の感覚が麻痺していたにも関わらず気持ちよかった。亀頭が喉奥に当たる感触で更にドキドキしてしまいます。

 

お口で少ししてもらった後は即座にキスへ。

「飲んで♡」

と唾液をたら〜んと僕の舌へ垂らしてきます。

もちろん即飲み。

 

そして

「四つん這いになって♡」

と。

 

ドキドキしながら四つん這いになると、なんと手コキしながらお尻の穴を舐め始めるではないですか。

お尻の穴を舐められるのなんて当然人生初だったため、初感覚の気持ちよさに

「ああっ」と情けない声がでてしまいます。(恥ずかしかった)

 

 

そういったことをしばらく続けた後、再び仰向けに

 

「舐めて♡」

 

あら不思議、綺麗な桃色をした女性器が目の前にあるではありませんか。

 

(こ、こいつ よく見たらパイ〇ンじゃねーか!!)

 

女性器を直に見るのも初めてであるのに、綺麗なパイ〇ンという大変えろえろえっちっちな物を見せつけられて思考が停止します。

 

とりあえず舌を出すと、嬢が腰を動かしてくれました。そう、顔騎ってやつです。

とりあえず舌で舐めたり唇で甘噛みしたり、吸ってみたり色々しました。

 

(お前、気持ちいいとか言って本当はたいして気持ちよくねえんだろ!)

と思いながらも初めての女性器を前に、僕はエサに群がる魚のように一心不乱に女性器に夢中で舌を触れさせました。

ちなみにこの間ずっと片手で亀頭をしごかれています。

息子の感覚がなくなっていくのを感じます。

 

その後は素股です。

ローションや唾液で潤滑にし、騎乗位の体位でひたすら素股をしてもらいました。

 

唾液をとろーんと垂らして騎乗位って俺がいつも見てるA〇じゃん…最高…

いわゆる"グラインド騎乗位"というやつで素股をされていました。

 

 

感動が気持ちよさを何倍も上回り、ただただ感動していました。

もうエッチとかどうでもいい。もっと色々新しい体験をさせてくれ。息子の感覚もほぼないし。 

 

 

あぁ、エッチだ…としばらく感動しているうちに素股が終わります。

 

嬢が僕の隣で横になり、キスをしながら片手で乳首を、片手で息子をしごきはじめます。

何度も言いますが、息子の感覚ほぼありませんでした。

そのため、僕は乳首でひたすら感じながらキスを楽しみました。可愛い…。

 

 

息子の感覚がほぼない影響か、僕の息子が少し萎えてしまいました。

これはあかん!と思い脳内で大槻ひ〇きさんのえろえろえっちっちな騎乗位を想像しがんばって維持。

 

しかし、嬢のシゴキは止まらず、頭がおかしくなり

「イキそう」

と言ってから5分ぐらいイかずに超高速でシゴかれ続けました。ごめんね本当に。

射精の直前は股間のあたりに射精直前のあの感覚が伝わってきたため

「あっ…イキそう…」

と変な声を出してしまい、射精。

 

嬢に拭き取ってもらい、一連のプレイは終了。

 

プレイ後

「好きな音楽ありますかー?」

と聞かれたので

「何でも聴きますね~」

と返事。

こういうときに「何でも」と言ってしまうのがオタクのいけないところである。

嘘でも乃木坂46の「命は美しい」とか言っておけばいいのだ。

 

「どんなアーティスト聴いたりするの?」

 

(本当に何でも聴く人間のため、5秒ぐらい考えた後)

「a crowd of rebellionとか?」

 

このときほど自分を殴りたくなったことはありません。

なんでそこで "a crowd of rebellion"が出てくるのか。

どの曲が好きか聞かれたので「M1917」と返答。

 

その後、時間までキスをしながら嬢は僕の乳首をいじり、逆に僕は嬢のおっぱいを揉んだり乳首をいじったりします。

 

 

—————そう、"a crowd of rebellion" の "M1917"をBGMに。

 

いつもはノリノリで聴くこの曲ですが

今回ばかりはサビの「何度何度抱き合って」という歌詞にイラっとしてしまいます。

(多方面へ)ごめんなさい。

 

終了の時間が近づいてきたため、嬢と泡風呂に入り、シャワーを浴びて終了。

シャワー中にキスしたり胸を密着させてきてくれたのでえろえろえっちっちでした。

 

そして、お互いに着替えて一緒にチェックアウト。

雨が降っていたので、ドライバーと連絡が取れるまで少し相合傘を。

 

ドライバーと連絡が取れたようなので、最後にハグをしてバイバイ。

 

その後、僕は自宅へ帰り1日を終えました。

 

まとめ

えろえろえっちっちな好みの容姿の女の子とえろえろえっちっちなことができて、全体的にかなり満足しました。

初めて呼んだデリヘルがこの子で良かったなと思っています。

 

実は、エッチをした相手のことを好きになってしまうんじゃないかという懸念があったのですが

「エッチをするだけの関係の相手」という認識が自分の中でとても強く、恋心は芽生えませんでした。

恋心が芽生えようものなら僕の財布がスッカラカンになってもおかしくないので、一安心。

 

 

 

 

 

 

 

 

エッチをしている間は大好きでしたけどね。

 

それではここらへんで。